出会い系アフィリエイトのイロハ – 今から作成する私が調べた事

前回の記事では、出会い系アフィリエイトをやろうかなーという事を書きました。

追加で色々と調べたので、よかったら見てみてください。

 

まず、出会い系の広告主は様々であり、特別単価がもらえるサイトが多い以外にも、色々な点があるみたいです。

ランク制で最初は報酬は2000円だが、最大5000円にもなるサイト。

全承認制が適用できるサイトがあり、承認率に関わらず、一定の金額が報酬として支払われるタイプがあること。

また全承認でも、最初からそういったプランを選べたりするところもあれば、広告主に交渉して全承認プランが利用できるサイト。

 

はたまたASPを通じれば全承認が使えるサイトがあったり、そのかわり単価が低かったり、色々みたいです。

 

高単価でいくならば、承認率とか承認スピードもあるので、普通は広告主に直接契約してアフィリするのが一番ぽいですね。

 

そして次に、売りやすい出会い系サイトは、PCMAXが1番であり、ハッピーメールやワクワクメールなどがだいたい似たような感じだという事が分かりました。

 

色々と直接契約して見てみたものの、やはり広告の数とか、LPの有り無しとか、総合的に見てもPCMAXがいいっぽいですね。

PCMAXを起点としてランキングサイトを作れば、差別化可能な説明分も書けると思うし、仕様の違いとかも言えて説得力が上がると思うので、やりやすそうに感じます。

 

基本的には出会える系の出会い系サイトを紹介するつもりなので、出会えない系はばっさり苦言いっちゃってもいいっぽいですね。

 

色々と調べた結果、出会い系で私が稼げそうなサイトのタイプが2つ思いつきました。

 

一つは出会い系の体験談をがっつり書いていくタイプ。

もう一つは女性向けのアダルト動画サイトを作成して、そこならPCMAXの女性向けLPに誘導するタイプ。

 

出会い系サイトの仕様とか感想とか、そういった比較ページをがっつり作り込んで、商標+複合の中小ミドルキーワードで攻めてもいいんですが、そういった場合はコンテンツの幅が少なくなるだろうし、ロングテールなどを拾いにくいので、微妙かなーと思います。

商標系で超ブラックSEOで攻めてもいいんですが、それだと検索順位を上げきれなかった場合に報酬が得られないので、商標ワードじゃないニッチワードで攻めて、同時に自演リンクをぶち込む。

個別でもロングテールが拾えるし、上がり気ってくれればサイトタイトルやトップページに設定したミドルワードでがっつりアクセスが狙える。

 

そんな作りにしようかなと思います。

資本があって現在稼ぎまくっているなら、早く稼ぐには商標っぽいですが、出会い系サイトはがっつりレビューや体験談を使ったサイトのほうが、のちのちも資産になりそうなので、そちらのほうがよさそうですね。

もちろん比較ページと体験談ページと色々同じサイトに作りまくってもいいと思います。

 

掲示板設置して流行れば最高なんですけどね!

 

出会い系アフィリエイトでも参入してみる – アダルトアフィリ経験者

出会い系アフィリでも参入してみるか?!

と思った私は、現在アダルトアフィリエイトをしています。

 

正直出会い系は利用したことがありませんが、過去に出会い系のサクラのバイトをしていたので、少しは分かるかもしれません。

ただ実際に出会い系で撮った写真とかそんなんはないので、うまいことやらないと嘘感満載になるなあ・・・

 

出会い系などは、狙ってみたいキーワードが沢山あるので、ちょっと夢が広がる感じだと思っています。

「出会い系 ランキング」

上記のようなものをミドルワードとしてサイト名にぶち込んで、実際には記事タイトルでロングテールを拾う形ですかね?

「レズ 3P」「ホモ 出会い」

こんなんでもアクセス拾えそうですよね(笑)

 

出会い系のアフィリエイトと提携しているASPは多いと思いますが、とりあえずA8で見てみました。

□ワクワクメール

□イククル

 

大手系だと2つしかないですね、微妙すぎる(笑)

続いてアフィリエイトBで見て観ました。

 

□ハッピーメール

 

後はバリューコマースで

 

□ミントC

□PCMAX

 

これと提携するぐらいですかね?

報酬単価は無料会員登録で3000円とかなので、取りあえず無料登録でCheck!!とかで数件は取れそうな気がしています。

何度も出会い系サイトやアプリを使っている人であれば、無料登録にハードルなんてないですからね!

 

新規登録の人にがっつりと刺さる言葉を使ってもいいなとは思いますが、やはり成果までの心理的なハードルが多いと思うので、すでに出会い系を利用したことがある人を対象に狙っていきたいと思います。

 

つまり、SEOをかけるキーワードは、出会い系既存客が打ち込むものですね!

おのずと考えるキーワードも変わっていきそうです。

 

まず出会い系を利用しようとしている人は、男女両方いると思います。

その中でも、成果に結びつきやすい利用者で言うと、たぶん独身の人でしょう。

パソコンから実際に出会い系をするという人は、既婚者にはまずいないでしょうから、スマホアプリ系じゃないと既婚者は厳しそうですね。

 

そして年代を分けていくと、おじいちゃんや子供は使わないので、20代~60代くらいになると思います。

その中でも可能性的には、30~50代くらいが多いのかな?要調査ですね。

 

出会い系サイトを使う理由としては、単に出会いが無いから、知らない人と会ってみたい人や、単純にエッチがしたい人でしょうか?

モテるような人は出会い系サイトは使わないでしょうし、大学生とかも使わないかもしれません。

そういった意味では、出会いが無いという事を全面に押し出してから、出会える感を満載で責めるか・・・?

それともこんな私でも出会えましたよでがっつり興奮できる記事を書くか・・・?

 

有料アダルト